関西串カツ まるりゅう

会社案内

企業理念

私たちの使命は「串カツを通して社会に貢献すること」
元気なサービスと、安くて旨い串カツを提供し続け、
まるりゅうに関わるすべての人たちに元気を与えられるような会社創りを目指します!

概要

社名 株式会社 マルリュウフードサービス
本社 〒211-0014 神奈川県川崎市中原区田尻町33番地-2 本吉ビル1階
セントラルキッチン 〒211-0013 神奈川県川崎市中原区上平間1700-157
代表取締役 奥橋 隆二
専務取締役 奥橋 幸司
取締役 佐藤 剣太朗
設立年月日 2011年9月12日
資本金 20,000,000円
店舗数 13店舗(2017年7月現在)
営業内容 関西串カツまるりゅうの営業
私が飲食業を始めたきっかけは、高校3年生のとき、父親が脱サラをして焼き鳥屋を始めたことからでした。
当初、私は大学に進学するつもりで予備校に通っていましたが、父親に誘われ、オープニングスタッフとして従事することになりました。調理も接客もまったく経験がない私は、すべてが初めてで失敗ばかりしていました。失敗しながらも、自分の成長を感じられる喜びや、お客様と接する楽しさ、仲間と一生懸命取り組み何かを達成した時のやりがいは、今までの生活には無い充実感を得ることができました。
やるからには自分でお店を経営し、多くの人と関わり、様々な経験を積み、飲食店を通じて社会に貢献できるような人間になりたいと思いました。
自分のお店を持つためにどうすべきか考えたときに、まずは幅広く経験を積むことが大事だと思い、飲食に関わる様々な職場で働きました。普段から食べ歩きもよくし、良いと思ったことは記録し、仕事で活かすようにしていきました。
そして偶々、関西で串カツを食べたときに衝撃を受け、「なぜ関西に串カツが根付いているのに関東圏には根付いてないのだろう」という疑問から考えを膨らませ、串カツで勝負することを決意しました。
大きなビジョンを描き、日々研究をし、試行錯誤しながら独自の串カツを作り上げ、2010年7月に東急田園都市線「高津駅」に10坪の小さな串カツ屋「まるりゅう」をオープンさせました。初めは苦労しましたが、徐々にお客様に来ていただけるようになり、おかげさまで今では複数店舗を出店できるまでになりました。
常に「どうしたらもっとお客様に満足していただけるか」を考え、スタッフ一同努力をして活動しています。
無駄なコストを最大限まで抑え、その分商品やサービスに注力し、お客様の満足度を最大値化する。
居酒屋、串カツ屋をもっと気軽に利用してもらえるような形を追い求め、日々事業活動に取り組んで参ります。

沿革

2010年 7月 神奈川県川崎市に「関西串カツ まるりゅう 高津店」を開店
2011年 9月 資本金500万円で株式会社 マルリュウフードサービスを設立
2011年12月 神奈川県川崎市に「関西串カツ まるりゅう 武蔵中原店」を開店
2012年 9月 神奈川県横浜市に「関西串カツ まるりゅう 日吉店」を開店
2013年 5月 東京都大田区に「関西串カツ まるりゅう 下丸子店」を開店
2013年 9月 神奈川県横浜市に「関西串カツ まるりゅう 藤が丘店」を開店
2013年 9月 神奈川県川崎市に「事務所・セントラルキッチン」を設立
2014年 2月 東京都国分寺市に「関西串カツ まるりゅう 国分寺店」を開店
2014年 10月 神奈川県横浜市に「関西串カツ まるりゅう 白楽店」を開店
2014年 11月 神奈川県川崎市に「関西串カツ まるりゅう 稲田堤店」を開店
2015年 2月 神奈川県横浜市に「関西串カツ まるりゅう 桜木町店」を開店
2016年 2月 神奈川県横浜市に「関西串カツ まるりゅう たまプラーザ店」を開店
2016年 2月 資本金を2000万円に増資
2016年 8月 東京都府中市に「関西串カツ まるりゅう 分倍河原店」を開店
2017年2月 神奈川県川崎市に「晩杯屋 新丸子店」を開店
2017年 6月 業務拡大につき本社移転・拡張
2017年7月 神奈川県川崎市に「晩杯屋 川崎店」を開店
  • 食べ飲み放題
  • 関西串カツまるりゅうの店舗紹介
  • 関西串カツまるりゅうのこだわり
  • 関西串カツまるりゅうの会社案内
  • アレルゲン情報
  • まるりゅう採用情報
  • まるりゅう採用情報
  • ハリケンナビ