1. TOP
  2. ライフ
  3. あさりの砂抜きをハナタカで紹介!貝料理のひと手間

あさりの砂抜きをハナタカで紹介!貝料理のひと手間

 2020/04/24 ライフ
この記事は約 2 分で読めます。 2,619 Views
アサリ

2020年4月23日放送のハナタカ!で貝料理!専門店が教えたいハナタカについて紹介されました!

スポンサードリンク

貝料理専門店焼貝あこや延田然圭さんが教えるハナタカ

貝についてのハナタカ

貝を焼いているときにひっくり返らないようにするには・・・蝶番を切るとひっくり返りにくい。
貝柱が残らない身の取り方・・・身が寄っている方からとる。
サザエを耳にあてて聞こえてくる音は・・・自分の血流の音が聞こえている。

おいしい貝の見分け方

パックにはいっている貝の鮮度

① 貝がしまっているもの。
② 貝があいているときにヒダがあるかどうか。ヒダがしっかりあると鮮度が良い。
(パックをゆらしても閉じなかったら貝が生きていない可能性がある為食べない方がいいそうです。)

常温にするとおいしくなる。

普段は冷たい海水の中にいる貝は、常温にすると死にたくないのでパワーをためます。それが旨味につながります。
数時間で「コハク酸」という旨味成分を出します。
シジミは1度冷凍すると旨味がアップするそうです。

死んだアサリを見分ける方法

・・・アサリをこすり合わせる。貝柱が筋肉なので、何回かこすりあわせると死んでる貝は開きます。

アサリの砂抜き

〇貝の砂抜きはバットなどの平たい容器を使った方がいい。
吐いた砂が入らないよう貝を重ねない。さらに暗い場所に置くと砂を吐きやすいそう。

絶品アサリの味噌汁

アサリを良くこすって死んでる貝を取り除き、砂抜きします。
火を通した時にアサリが1個でも開いたら火をとめる。
残りのアサリは余熱で十分だそうです。火を通しすぎないのがポイント。

まとめ

今までボールで砂抜きをしていましたが今度からバットでしようと思います。
そして、味噌汁を作るときは火を通しすぎるのが良くないこと知りませんでした。
風味が全然違うようなので是非やってみたいです。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

まるりゅレシピの注目記事を受け取ろう

アサリ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まるりゅレシピの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

beauty編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • きょうの料理で鶏手羽のレモンポン酢煮の作り方を紹介!きじまりゅうたさんのレシピ

  • きょうの料理で肉だんごの黒酢あんの作り方を紹介!陳建太郎さんのレシピ

  • きょうの料理でかつおのみぞれなますの作り方を紹介!柳原尚之さんのレシピ

  • おしゃれイズムで簡単に作れる万能ソースの作り方を紹介!栗原心平さんのレシピ

関連記事

  • めざましテレビ【ユニークスイーツ!OSAKA OMUSUBI Cake 苺など】

  • めざましテレビ【最新文房具!ジェットストリーム エッジなど】

  • おは土【ロフトのイチオシ文房具!ブタシャープなど】

  • おはよう朝日土曜日です【職人家電大集合!焼き物大将など】

  • 嵐にしやがれ【ご飯のお供デスマッチ】

  • めざましテレビ【大人気お取り寄せグルメ!フールセックなど】