1. TOP
  2. レシピ
  3. きょうの料理で「たんぱく質が決め手!筋活ごはん」豆腐のつくねバーグ温玉のせの作り方を紹介!管理栄養士本多京子さんのレシピ

きょうの料理で「たんぱく質が決め手!筋活ごはん」豆腐のつくねバーグ温玉のせの作り方を紹介!管理栄養士本多京子さんのレシピ

 2020/04/20 レシピ
この記事は約 3 分で読めます。 639 Views
つくねバーグ

2020年4月20日放送のきょうの料理で「たんぱく質が決め手!筋活ごはん」豆腐のつくねバーグ温玉のせの作り方について紹介されました!

教えてくれたのは管理栄養士の本田京子さんです。
スポンサードリンク

豆腐のつくねバーグ温玉のせのレシピ

豆腐のつくねバーグ温玉のせの材料

材料
【2人分】
鶏ひき肉:100g
木綿豆腐:100g
温泉卵:1個
玉ねぎ:小1/4個(40g)
好みの油:小さじ1
片栗粉:大さじ1
しょうが(すりおろす):小さじ1/2
塩・胡椒:少々
ほうれんそう:1/2ワ分(150g)
バター:大さじ1/2
ミニトマト:6個(半分に切る。)

豆腐のつくねバーグ温玉のせの作り方

1)木綿豆腐は耐熱皿にのせ、電子レンジ(600W)に1分間かける。その後ざるにのせ、箸でちぎり水気を切る。
2)玉ねぎはみじん切りにして中火で熱し軽く色づくまで炒め粗熱をとる。
3)ポリ袋に鶏ひき肉、豆腐、玉ねぎ、片栗粉、すりおろした生姜、塩、胡椒を入れる。
4)ポリ袋をもんでこねる。
5)ある程度成型したら、フライパンに油をしき焼く。
6)片面を4~5分焼く。裏返して更に3~4分間焼く。
7)ソテーしたほうれん草を皿にに盛り、ミニトマトを飾る。
8)その上につくねバーグをのせて上に温泉卵をのせる。

まとめ

鶏肉は低カロリー高たんぱくなのでカロリーを気にされている方におすすめです。
がっつりカロリーを取りたい方は、豚ひき肉を使って作ってもおいしいですよ。
運動後、30分以内にたんぱく質をとると、筋力アップ効果があります。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

まるりゅレシピの注目記事を受け取ろう

つくねバーグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まるりゅレシピの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

beauty編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • きょうの料理で鶏手羽のレモンポン酢煮の作り方を紹介!きじまりゅうたさんのレシピ

  • きょうの料理で肉だんごの黒酢あんの作り方を紹介!陳建太郎さんのレシピ

  • きょうの料理でかつおのみぞれなますの作り方を紹介!柳原尚之さんのレシピ

  • おしゃれイズムで簡単に作れる万能ソースの作り方を紹介!栗原心平さんのレシピ

関連記事

  • きょうの料理で牛乳餅のきな粉&黒みつがけの作り方を紹介!管理栄養士本多京子さんのレシピ

  • 相葉マナブでタケノコの炊き込みご飯の作り方を紹介!300年農家の稲葉彰子さんのレシピ

  • ヒルナンデスでたらこカルボうどんの作り方を紹介!八乙女光さんのレシピ

  • ヒルナンデスで親子丼風うどんの作り方を紹介!アレンジ王子こと料理研究家の有坂翔太さんのレシピ

  • 【ジョブチューン★】蒙古タンメン中本店主が選ぶ カップ麺ちょい足しレシピ

  • 世界一受けたい授業でスパゲッティインテグラーレインサルサの作り方を紹介!弓削啓太さんのレシピ